1. ホーム
  2. 教育
  3. 大学院医学研究科
  4. 医科学専攻修士課程 概要

1. 教育目的

高度の医学知識と医療技術を身に付けた人間性豊かな医療人の養成を通じて社会の発展に貢献することを目的とする。

2. 教育理念

人間性豊かで、国際的な医学・医療の指導者となるに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを教育理念とする。

3. 教育目標

1. 豊かな人間性、社会性、国際性、学識を備えた知的素養の涵養を図る。
2. 専門分野や社会において自立して研究活動を行うに必要な能力の基盤を培う。
3. 修得した学識や研究能力を他分野、地域社会、国際社会において発揮する能力を培う。

4. 医科学専攻の設置

人材養成と実学研究重視を掲げた建学の精神のもと、社会と連携し、多様なキャリアパスに対応した教育を展開することを目指して、医学研究科修士課程を設置し、知識基盤社会を多様に支える高度で知的な素養と国際感覚を有する人材を養成します。

5. 育成する人物

医学研究科修士課程では、多分野連携の進む知識基盤社会、少子・高齢化の進む地域社会、グローバル化社会を支える学識、人間性、研究能力を備えた保健医療従事者、教育研究者、企業人の育成を目指しています。

6. コース制の導入

医学研究科修士課程(定員4名)には、医療科学コース(①医療分野での研究を希望する工学部等の理系学部出身者、②地域の医療機関に勤務するコメディカル等を対象)と社会健康医療学コース(①公衆衛生学・行動科学・医療統計学などの専門職や医学研究科博士課程進学を目指す大学出身者あるいは看護学研究科博士後期課程を目指す看護学部出身者、②地方自治体において保健医療や社会の安全・安心に係わる地域行政の担当者(医療資格の有無を問わず)、③地域において医療・保健・福祉の現場に従事する者等を対象)の2コースを設けます。

医療科学コース

医療分野における最先端の学識・研究法を備え、先端医療の現場や医療機器・素材開発の分野で活躍する人材を養成することを目的とします。
本コースでは、人体の正常な構造・機能、それが破綻して生じる病気のメカニズム、主要な疾患の予防・治療法等に関する最新の知見を学修し、研究に必要な基本的実験・研究法等について学び、研究能力を培います。さらに、修得した知識・技術を、実地のチーム医療や機器・素材開発で活用できる能力を養成することを目指します。

社会健康医療学コース

公衆衛生学・疫学・行動科学、医療統計学、あるいは災害医療における最先端の学識・研究法を備え、保健医療、行政、教育研究の分野で活躍する人材を養成することを目的とします。
本コースでは、地域保健・福祉、介護、産業衛生、行動科学、医療統計学、医療・災害危機管理等に関する最新の知見を学修し、研究に必要な基本的研究法やデータ解析法等について学び、研究能力を培います。さらに、修得した知識・技術を、実地の保健・福祉や行政で活用できる能力を養成することを目指します。

7. 共通科目

本学医学研究科においては、倫理観、高度の医学知識及び研究能力を身に付けた人材の養成を目指すにあたり、その導入教育として、あらゆる医療分野の研究に必要な基本的知識、考え方及び研究規範を修得するとともに、各自の専門分野以外の講義を多角的に履修するための必修科目として「統合講義」(10単位)を設けています。講義内容としては、研究者倫理、個人情報管理、実験動物取扱、微生物・遺伝子組換え生物取扱、研究室安全管理、医療統計学の基礎、産学連携等に関する講義、基礎・社会医学系教員による基礎医学講座等です。その他、全学生に必須の研究経過報告と研究成果発表会も「統合講義」に組み込まれています。

8. 修了要件

本課程では、所定の在学年限を満たし、以下の所定単位を修得するとともに必要な研究指導を受け、学位論文を提出し審査を経て、最終試験に合格しなければなりません。

医療科学 コース

以下の①~③を満たし30単位以上
①「必修科目(統合講義)」10単位
②「専門科目」から12単位(共通科目8単位、コース科目4単位)以上
③「特別研究」8単位

社会健康 医療学コース

以下の①~③を満たし30単位以上
①「必修科目(統合講義)」10単位
②「専門科目」から12単位(共通科目8単位、コース科目4単位)以上
③「特別研究」8単位

9. ティーチング・アシスタント(TA)制度

大学院在学中、医学部生に対する実験、実習等の教育補助業務に従事し、これに対する手当支給により経済的支援を行うとともに、大学教育の充実および指導者としてのトレーニングの機会提供を図ることを目的とした制度を設けています。
ただし、主たる本務先や教育職としての身分を有している場合、手当は支給されません。

10. 学生教育研究災害傷害保険

大学院在学中、実験・実習などの正課、大学行事、課外活動、大学敷地内における不慮の事故および通学途中・施設間移動中における交通事故等が発生した場合に対する補償制度です。
本学医学研究科では、大学院在籍中により安心して研究活動を推進できるよう学生教育研究災害傷害保険(通学中等傷害危険担保特約保険含む)Bタイプおよび医学生教育研究賠償責任保険(医学賠)に全員加入しています。
これに係る費用については、大学院生の個人負担として任意加入としている場合が多いのですが、本学研究科ではすべて大学負担とし、全員加入しているのが特徴です。

11. 長期履修制度

本修士課程の修業年限は2年とし、最大在籍可能年限は4年とします。ただし、個々の学習環境や勤務状況等を考慮し、長期履修制度(修業年限3年、在籍可能年限5年)を設けることとし、研究活動が可能となるように配慮します。長期履修適用者は、3年次においては授業料が免除されます。4年次以降においては、登録料35万円、教育充実費15万円の納入が必要です。