1. ホーム
  2. 教育
  3. 大学院医学研究科
  4. 医学研究科 ポリシー

大阪医科大学 大学院医学研究科 3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入の方針)

アドミッションポリシー(入学者受入の方針)
大阪医科大学大学院医学研究科は、建学の精神「医育機関の使命は医学教育と医学研究であり、またそれらは実地の医療に活かすことで達成される」と学是「至誠仁術」をもとに、医学の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究めて文化の進展に寄与すること、研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的としています。

求める学生像

上記の目的を達成するため、次のような資質をもつ人材を求めています。
  1. 医学・医療について関心をもち、科学的探究心を有する人
  2. 自ら研究課題を設定し、積極的に探求する人
  3. 自らの研究成果により人類・社会に貢献しようとする人
  4. 最先端の医学・生命科学を創出・追及しようとする人
    または最先端の医療技術を開発・普及しようとする人
  5. 研究分野、地域社会、国際社会において卓越した活躍を目指す人

入学者選抜の基本方針

「求める学生像」に沿った人材を選抜するため、研究の遂行・発表に不可欠な英語の基礎的読解力・理解力を「外国語試験」により、研究に対する意欲、志望する研究分野に対する知識や理解度については「専攻授業科目及び面接試験」により評価し、総合的な評価・判定により合格者を決定します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成の方針)

大阪医科大学大学院医学研究科は、医学の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究めて文化の進展に寄与すること、研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とし、4年間でディプロマポリシー(学位授与の方針)を達成するために、以下のカリキュラムを編成・実施しています。

  1. 共通科目「統合講義」
    本講義は第1学年必修科目であり、研究者として不可欠な「研究倫理」「安全対策」「実験動物」「医療統計学」「学位論文の書き方」などについて学修する。
  2. 共通科目「基礎研究法実習」
    本実習は必修科目であり、原則として第1学年から第3学年の間に、基礎医学系の研究室において基本的な実験・研究手法を修得する。
  3. 研究経過報告・研究成果発表会
    全学生が他の学生や指導教員以外の教員に対して研究内容を発表し討論することで、自らの研究に対する理解を深め、今後の研究方針を定めるのに役立てる。
  4. 専攻授業科目
    講義、実習、演習を通して、自立した研究者となるのに必要な各分野における知識・技術を修得するとともに、学会発表や論文作成に関する指導を受ける。
  5. 大学院特別講義
    国内外の著名な研究者による講演を受講することにより、研究者としての視野を広げる。
  6. 国内外の研究機関への留学
    最先端の技術を修得し、国際的視野を広げるため留学の機会を提供する。海外留学に対しては、適正な審査の後に、本学独自の奨学金が付与されることがある。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

大阪医科大学大学院医学研究科では、大学院学則に定める期間医学研究科に在学し、所定の単位を修得し、各専攻授業科目が教育要項に定める学位授与のために修得すべき内容を修得し、学位論文の審査を経た者に学位(医学)を授与します。

学位授与基準

4年の在学年限あるいはそれ以上在学して31単位以上を修得するとともに必要な研究指導を受けた上、学位論文を提出し、学位論文の審査を経て、最終試験に合格した者には博士(医学)の学位を授与します。ただし、在学期間に関しては、特に優れた研究業績を上げた者については、3年以上在学すれば足りるものとしています。

学位論文審査基準

学位論文の審査は、以下の項目について行われます。
  1. 研究に独創性・新規性がある
  2. 研究目的が合理的である
  3. 研究計画、研究方法、結果の解析・解釈が妥当である
  4. 研究結果に発展性があり、当該分野に学術・応用面で貢献する
  5. 研究の背景・意義をよく理解し、発表において明瞭に説明できる
  6. 発表・質疑応答が論理的・明晰である