1. ホーム
  2. 教育
  3. 大学院看護学研究科
  4. プライマリケア看護学(ナースプラクティショナー) 設置準備中
【西日本の私立大学初】
博士前期課程 高度実践コース プライマリケア看護学(ナースプラクティショナー)
2021年4月開設に向け、設置準備中



在宅医療の強化、地域包括ケアの推進にともない、病院・診療所と連携し、看護クリニック、訪問看護ステーション、外来における治療的もしくは予防的ケアが重要であり、看護の質担保が必要とされています。それには地域・在宅で活躍できる看護職として、臨床判断に長けた包括的な視点を備えた高度実践看護師の養成が不可欠です。

そこで本研究科では、プライマリケア看護学 ナースプラクティショナー教育課程設置に向け準備を進めています。本研究科にはすでに専門看護師教育課程がありカリキュラムが整備されていること、さらに大学病院があることの強みを活かし近隣にない教育の展開を考えています。

ナースプラクティショナー教育課程は、保健・医療・福祉現場において病院・診療所と連携して、現にまたは潜在的に健康問題を有する患者にケアとキュアを統合し、一定の範囲で自律的に治療的もしくは予防的介入を行い、卓越した直接的ケアを提供する高度実践看護師を養成する教育課程です。
(一般社団法人日本看護系大学協議会 高度実践看護師教育課程認定規定より抜粋)

修了後は、プライマリケア看護の高度実践看護師としての専門性やリーダーシップを発揮し、病院や診療所における外来、訪問看護ステーション、在宅やそれに準じた施設等での活躍が期待されています。

ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。
■入試説明会・個別相談会について