1. ホーム
  2. 教育
  3. 大学院看護学研究科
  4. 博士後期課程 研究領域

看護教育学

看護教育学は、看護学各領域に共通して存在する要素を研究対象として、看護学生を含む看護職者、看護教育者など看護を提供する側に焦点を当て、その発達支援を通して質の高い看護の提供を目指します。当該分野では、看護基礎教育および看護継続教育の実践の場で生じている教育現象、看護専門職の実践的思考の育成など、看護実践能力を高める人材育成の課題について探求します。

看護技術開発看護学

臨床の看護師は、日々の看護実践の中で、実に見事に看護技術を対象者に適応させて看護を行い、「開発」しています。この分野では、その「開発された知」を理論的に分解し、「看護によって対象者である人間を幸福にするためのツールの開発」を目指しています。
開発した看護技術は、臨床研究の方法を実施し、臨床に還元できる看護技術の安全性と有効性を検証します。具体的には、「新しい看護技術の標的対象者への有効性と安全性の検証」と「複数の看護技術の生理学的検証と標的対象者への有効性と安全性の評価」について研究します。

移植・再生医療看護学

臨床に関する研究として移植医療とリンパ浮腫に関する研究を行っております。移植を受けることがゴールではなく、その後から始まる慢性疾患「移植病」でもあるという視点から、退院後からの自己管理に着目し、いただいた移植臓器を大事にして生を全うできるように支援する研究を行っています。2つ目は、リンパ浮腫の患者を対象にセラピストとして看護外来でケアを行いつつ,QOLの向上のための研究に取り組んでいます。
さらに、看護教育に関しても教育方法としてアクティブラーニングのIBLを用いた教育方法について、評価方法を含めて関西の看護系大学の教員と共同研究を行っています。また,継続教育として地域病院と一緒に新人看護師や中堅看護師のストレス耐性能力,バーンアウト,思考過程の向上について実践研究を行っています。
ご興味のある方はぜひ研究にご参加ください。一緒に研究成果を社会に還元していきましょう。

がん看護学

この分野では、がん看護や緩和ケアなどの分野における臨床知や国内外文献の系統的レビューを基盤として、がん看護などの教育および看護実践において取り組むべき研究課題を特定し、関心領域における概念分析、看護現象の構造の明確化や理論構築、看護ケアの評価方法の開発、看護介入モデルや看護介入プログラムの開発に関する課題を探求します。

慢性看護学

この分野においては、関心領域の国内外の文献レビューを基に病気とともに生きる人とその家族を対象に健康課題と関連要因を明らかにし、効果的な看護の方法を追究する。
さらに慢性期にある人と家族を理解するための概念や理論に裏づけられた経験から、新たな発想を加えて、患者のセルフケアやQOL向上、健康増進のための援助について探求、
新たな理論や概念を創世する。

精神看護学

本分野では統合失調症患者やうつ病患者に対する看護に焦点を当てています。ヒューマニスティックな視点を基盤にしつつ、患者の療養生活の支援に関する看護実践を深める、あるいは実践の質を高めることを射程としています。看護の課題を理論的・実践的に探究して、研究課題の焦点化と研究方法論の検討を丁寧に行って研究を遂行することを通して、精神看護の実践に資する研究能力を培っていくことをめざします。

母性看護学

母性看護学分野は、これから親になる思春期の男女、胎児、妊産婦、子どもと母親や父親、その家族、成熟期、更年期、老年期女性などを主な対象とする看護の実践領域です。研究の特徴としては、国内外のエビデンス・ガイドラインを重視しつつも日本文化を大切にした「明日から使える身近な研究成果」(micro trialing, micro evidence)をめざし取り組んでいます。その中心となる研究課題は、「親となる人々を支える看護」に関する研究です。これまでの博士後期課程学生の研究テーマでは①産後の母親の睡眠に関する研究、②高年初産婦の産後3日目から2週間健診までの睡眠状況と疲労感の実態など、臨床現場や社会への還元性の高い課題に取り組んでいます。ぜひ当領域で一緒に学んでみませんか。

小児看護学

小児看護学では、子どもの発達段階や健康障害の幅広さや子どもにかかわる家族の問題など複雑な看護現象を扱う研究に取り組んでいます。院生が取り組んできた研究や教育経験を基盤に、系統的文献レビューや討論を通して看護現象の明確化を図り、看護現象の構造の明確化や理論構築、看護ケアプログラムの開発に関する研究課題を探究します。研究を通して小児看護の知の発展に寄与することを目指しています。

地域看護学

当分野では、公衆衛生看護学・地域看護学の学問追求を基盤とし、公衆衛生看護・地域看護活動の発展に寄与することを目指した研究を行います。具体的には、現在、「地域組織活動・地域づくりの健康への効果」「母子保健活動の標準化」「保健師教育」「保健所・保健センターと大学の官学連携」などを含めた、様々な健康づくり活動・保健師活動等に関する研究を行っております。実践活動の科学的根拠創出や成果の可視化等に関する研究にご興味ある皆様のご参加をお待ちしております。

在宅看護学

実践の場での生きたデータをもとに、現象を見抜き、理論的に分析し、言語化し、エビデンスにもとづいたケアの具現化、効果的な支援システムの開発など在宅看護学の発展に資する独創性のある研究課題に取り組みます。主体的に研究をすすめながら、教育研究者として自立できる研究能力の修得をめざします。