1. ホーム
  2. 教育
  3. 大学院看護学研究科
  4. 移植・再生医療看護学

赤澤 千春 教授

現在行っている研究は臨床に近い研究として2つあります。1つ目は、移植医療は移植を受けることがゴールではなく、その後から始まる慢性疾患「移植病」でもあるという視点から、退院後からの自己管理に着目し、いただいた移植臓器を大事にして生を全うできるように支援する研究を行っています。2つ目は、リンパ浮腫の患者を対象にセラピストとして看護外来でケアを行いつつ、QOLの向上のための研究に取り組んでいます。また、地域病院と一緒に新人看護師や中堅看護師のストレス耐性能力、バーンアウト、思考過程の向上について実践研究を行っています。さらに、教育方法としてアクティブラーニングのIBLを用いた教育方法について、評価方法を含めて関西の看護系大学の教員と共同研究を行っています。
ご興味のある方はぜひ研究にご参加ください。一緒に研究成果を社会に還元していきましょう。