真継 和子 教授

超高齢少子化社会を見据え看取りを含めた地域包括ケアシステム構築の推進に貢献できる、より在宅看護に特化した人材を育成するために、2018年4月に新たな分野としてスタートしました。コンセプトは「誰もがケアし、ケアされる繋がりの実現」です。学部生や他大学の学生や教員、臨床の看護師とともに介護予防を含めた健康支援活動を通じたコミュニティづくり(いきいきプロジェクトcocokara)にも取り組んでいます。
主な研究テーマは、ケアリング、ケアの可視化と共有化、在宅療養者の家族支援、看護倫理教育に関する研究です。研究の特徴として、人が人として生きていくうえで出会うであろう喜びや苦悩といった看護の視線上に浮かび上がる現象を、理論研究と実践研究から検討するということがあげられます。修了生(地域看護学分野在宅専攻)も交え、研究に関する学習会や抄読会、またそれぞれの研究報告をしながら研究の活性化を図ります。