大学院看護学研究科

教育者・研究者と、専門看護師(CNS)の育成。
多様な人が共に学び合う大学院です。

  1. ホーム
  2. 教育
  3. 大学院看護学研究科

博士前期課程(修士)

教育者・研究者を目指す『教育研究コース』と、
専門看護師(CNS)を目指す人向けの『高度実践コース』に分かれ、
看護現場の担い手となる人材を育成します。

博士前期課程(修士) 紹介 博士前期課程(修士) 研究指導教員

博士後期課程(博士)

さらに深化した研究を進める博士課程。
主に病院を現場とする『療養生活支援看護学』領域と、
課程・在宅での看護を主とする『地域家族支援看護学』領域において、最先端の研究を行う環境があります。

博士後期課程(博士)紹介・研究指導教員

本学で学ぶメリット

  • 医学領域との
    コラボレーション

    医学部・大学院医学研究科と連携した「医看融合」の教育・研究と、北摂エリア基幹病院として機能する附属病院での実習。医科大学ならではの専門的な学びが可能です。

  • 研究に必要な経費が
    支給される

    交通費や資料代、謝礼金、研究用物件費などの研究費を支給する仕組みが整っているため、経済的な負担を気にせず研究に打ち込むことができます。

  • 研究指導体制

    主担当教員だけでなく、1人の学生を複数の教員が指導する体制をとっています。教員との安定した関係性を築き、異なる専門性に触れる機会もあります。
    ‣ 博士前期課程(修士)
    ‣ 博士後期課程(博士)

看護学研究科入試情報