1.看護技術開発学分野

看護技術は、看護の概念を具現化し、看護方法を実践する場合の科学的原理に基づく看護行為の総称であると言われています。そのため、看護行為が行われるあらゆる場面や対象が範囲となります。よりよいケアを行うためのエビデンスを探求するために基礎実験や調査も行います。また、看護行為は人と人との関係から成り立つため実践力を向上するための教育方法や看護管理についても研究の範囲として取り組んでいます。

2.移植・再生医療看護学分野

移植・再生医療看護学領域は日本で唯一の移植看護と再生医療看護を標榜しています。末期ステージにある患者の残された治療法として移植医療そして再生医療が日進月歩で発展してきています。それに伴い倫理的課題,慢性移植病ともいえる自己管理問題,さらには生存率の向上による高齢化の問題など様々な課題・問題が取り巻いています。また,リンパ浮腫を持つ患者のQOLを向上させるための取り組みも行っています。当領域はこのように臨床に還元できる看護研究を行っています。

3.がん看護学分野

この分野では、がん医療の動向やがん看護および緩和ケアに必要な概念・理論、がんの診断期、治療期、進行・再発期、終末期の各期における効果的な援助方法についての学びを深める。また、自らの臨床経験や国内外の文献レビューを踏まえて、がん看護や緩和ケアの領域において取り組むべき研究課題を見出し、さまざまな研究手法を用いて看護現象の構造や看護介入法に関する課題を探求する。

4.精神看護学分野

本分野では統合失調症患者やうつ病患者に対する看護に焦点を当てています。精神医学の新しい動向に常に留意しつつ、患者の心、身体、家族、環境社会を総合的にとらえ、一人ひとりの患者にあった看護援助の方法について検討していきます。ヒューマニステックな視点を基盤にして、看護実践を深める、あるいは実践の質を高める、そのようなねらいをもって急性期看護、慢性期看護、長期在院患者への看護、精神地域看護等に関する研究を進めていきます。

5.老年看護学分野

「老年期を生きる人」の価値観や信念を尊重した看護を実現するために、エビデンスに基づいた高齢者ケアのための理論的基盤を養います。また、喫緊の課題である超高齢社会に適合した制度やシステム、終末期の高齢者意思決定支援などについて、ディスカッションや発表を中心とした講義を行い、その課題と対策を探求します。さらに最重要課題である「認知症看護」について最新のエビデンスを学び、認知症高齢者とその家族への理解を深めます。

6.母性看護学分野

『教育研究コース・母性看護学分野』では、母子と父親、取り巻く家族および女性の一生を通した看護実践に、理論的根拠や最新エビデンスを活用し、看護活動を創意工夫し変革できる研究能力を修得します。講義は、本学教員に加え、専門看護師、認定看護師、産婦人科・新生児科医師、遺伝カウンセリングの専門家、経験豊富な臨床の看護管理者、など魅力的な講師が担当します。修士論文では、学生自ら見出した課題を大切にし取り組み、看護実践の発展に寄与できる知見を修士論文としてまとめます。ぜひ本学で私たちと一緒に学んでみませんか。

7.小児看護学分野

成長発達とセルフケア理論を基盤に小児の健康課題について広く知識を得て、小児とそれを取り巻く状況に潜む健康問題や看護の課題を探求し、研究に結びつける能力を修得します。
子どもや家族が置かれる現状を改善改革のできる人材として、社会に貢献していくことを目指しています。

8.地域看護学分野

地域看護学領域では、地域で生活している人々や労働者集団等を対象として、ヘルスプロモーションの視点から健康課題と支援方法を探求しています。多職種との連携協働や地域包括ケアシステムの活用と開発等の多様な手法を学び、あらゆる健康レベルにおける予防的視点を重視した能力と地域の住民の健康やQOLの向上を目指した研究能力を培います。

9.在宅看護学分野

国内外の在宅看護の現状を理解し、在宅療養者とその家族のQOLの向上をめざし、地域での生活を支える看護実践プログラムや家族支援プログラム、在宅ケアシステムの構築等、在宅看護の発展に寄与する知見を探求します。
博士前期課程では、在宅看護に関連する文献検討や討議をとおして臨床での疑問や研究課題を明確化し、研究計画にもとづいた一連の研究プロセスをとおして、基礎的な研究能力の修得をめざします。