1. ホーム
  2. 教育
  3. 大学院看護学研究科
  4. 看護学研究科 ポリシー

博士前期課程(修士)

教育目的

豊かな学識と国際感覚をもち、看護学の深奥を窮めることができる自立した教育研究者及び高度実践看護専門職者を育成することを目的とする。

1 アドミッションポリシー

本学の理念を理解し、課題に対する柔軟な思考力と深い洞察力、及び倫理的判断力を自らが培う意欲をもち、多様な場や機関でリーダーシップを発揮し、国際的視野及び知的学識をもって教育研究及び看護実践の向上を担うことの高い志をもった人を求めます。

2 育成する人材像

知識基盤社会を支える高度な知的素養の涵養と、実践・教育・研究の分野で、国際的視野をもって社会に貢献できる専門職の輩出を目指します。
① 確かな教育能力と研究能力をもって教育研究活動ができる人材
② 高度な教育能力と実践能力をもって看護実践活動ができる人材
③ 指導性や統率力が発揮できる人材
④ 看護学教育及び看護実践の発展に寄与できる人材

3 教育目標

看護学研究者及び高度実践看護専門職の養成を目指します。
① 人間性豊かで国際的視野をもち、教育研究者として良質な看護学教育を行うに必要な高度な実践的教育能力を培う。
② 人間性豊かで国際的視野をもち、高度実践看護専門職として良質な看護を行うに必要な高度な看護実践能力を培う。
③ 討論力、課題解決能力、指導力を高め、学識・社会性のある知的素養の涵養を図る。
 

4 カリキュラムポリシー

 
① 学位授与の方針に掲げる高度な知識・技能などをあわせもつ教育研究者と高度実践者を育成するために、教育研究コースと高度実践コースを設置する。
② 医療の場及び患者やその家族を取り巻く社会状況の変化を鑑み、「実践支援看護学領域」、「療養生活支援看護学領域」、「地域家族支援看護学領域」の 3 領域で構成する。
③ カリキュラムを構成する科目区分として「共通科目」「領域専門科目」「特別研究」をおく。「共通科目」では、哲学、教育学など多岐にわたる科目を配置するとともに、国際的かつグローバルな視点を養うための科目を配置する。「領域専門科目」では、専門領域の専門性を高めるための科目を体系的に編成する。
④ 教育研究コースの「実践支援看護学」では看護教育学、看護技術開発看護学、「療養生活支援看護学」では移植・再生医療看護学、がん看護学、慢性看護学、精神看護学、老年看護学、「地域家族支援看護学領域」では母性看護学、小児看護学、地域看護学、在宅看護学の全 11 分野を設け、各分野で必要な講義・演習・研究を含む専門科目を配置する。
⑤ 高度実践コースの「療養生活支援看護学領域」ではがん看護学、慢性看護学、精神看護学、老年看護学、「地域家族支援看護学領域」では母性看護学、小児看護学の全 6 分野を設け、各分野で必要な講義・演習・研究を含む専門看護師認定試験受験に必要な科目を配置する。
⑥ 研究指導は、多角的、効果的に行うため、主指導教員と副指導教員によるグループ指導体制をとる。
⑦ 社会人等のニーズに応えるため長期履修制度を設け、修業年限の弾力化を図る。
 

5 ディプロマポリシー

博士前期課程では、2年以上在学して所定の単位を修得するとともに必要な研究指導を受け、下記の能力を修得して学位論文を提出し、かつ最終試験に合格した者には、「修士(看護学)」の学位を授与する。
① 教育者に求められる教育実践能力を身につけている。
② 看護専門領域に関する研究に取り組み、看護研究に必要な基礎的能力を身につけている。
③ 豊かな人間性と高い倫理観を基盤に、高度な教育能力と実践能力をもって看護実践活動を行なうことができる。
④ 教育と看護実践において指導性や統率力を発揮して、事態への対処と問題解決が行なうことができる。
⑤ 看護学教育及び看護実践の発展に寄与することができる。

6 アセスメントポリシー

  入学時 在学中 修了時
課程レベル
(研究科レベル)
入学試験
入試制度評価
・修得単位数
・学勢調査(カリキュラム評価・学修⾏動・DP到達度調査・学会発表数・論文投稿数)
・教員によるカリキュラム評価
・休学率、退学率、在学年限延長率
・高度実践コース(専門看護師)希望者数
・学位論文進捗状況
・学位論文審査
・研究助成金の獲得状況
・在籍学生数(全体・領域)
・在籍年数
・⼊試制度別成績
・修了要件:修得単位数、研究指導を受け、学位論文提出、最終試験
・休学率、退学率、在学年限延長率
・就職率、進学率
・学勢調査(カリキュラム評価・学修⾏動・DP到達度調査・学会発表数・論文投稿数)
・修了時調査
・在籍年数
・⼊試制度別成績

・就職先調査
・資格取得:専門看護師の教育課程 修了者、合格率
科目レベル ・成績評価
・授業評価(学⽣)
・成績評価
 

博士後期課程(博士)

教育目的

豊かな学識と国際感覚をもち、看護学の深奥を窮めることができる自立した教育研究者及び高度実践看護専門職者を育成することを目的とする。

1 アドミッションポリシー

本学の理念を理解し、深い探究心と倫理観をもった高度な研究能力を自らが培う意欲をもち、多様な場や機関で自立して教育研究開発ができ、国際的視野及び知的学識をもって社会に貢献することの高い志をもった人を求めます。

2 育成する人材像

知識基盤社会を支える高度な知的素養の上に立ち、実践・教育・研究の分野で、国際的視野をもって、中核的存在として国際社会に貢献できる専門職の輩出を目指します。
① 体系的に活動できる教育能力と高度な研究能力をもって教育研究開発ができる人材
② 科学的根拠や研究的視野をもって提言ができ、中枢的指導力や統率力が発揮できる人材
③ 看護学の知識体系の発展に寄与できる人材

3 教育目標

① 研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力を培う。
② 知的な素養と国際的視野を兼ね備えた高度な研究能力をもち、教育研究者として看護学教育を行うに必要な教育開発力を培う。
③ 課題探求能力、企画力、管理運営能力を高め、豊かな学識をもった指導能力を培う。
以上の能力を持つ教育研究者の養成を目指します。

4 カリキュラムポリシー

① 国際化と研究の深化を促進する研究能力を培うために、教育研究の柱として、療養生活支援看護学領域と地域家族支援看護学領域の2領域で構成し、基盤科目、専門科目、特別研究の授業科目を配置する。
② 学問分野の諸理論及び研究方法論を修め高度な研究能力を養うために「看護科学研究論」「看護学研究法応用論(保健統計)」「看護学研究法応用論(実験法)」を設置する。
③ 教育能力を持った教育研究者の育成のために、「看護学教育開発論」「看護学教育演習」を配置する。
④ 主指導教員と副指導教員によるグループ指導体制のもとで、看護実践および看護学の体系化に貢献できる博士論文の研究指導を行う。

5 ディプロマポリシー

博士後期課程では、3年以上在学して所定の単位を修得するとともに必要な研究指導を受け、下記の能力を修得して学位論文を提出し、かつ最終試験に合格した者には、「博士(看護学)」の学位を授与する。
① 体系的に活動できる教育能力と高度な研究能力をもって教育研究開発に携わる能力を修得している。
② 教育や看護実践の場において科学的根拠や研究的視点をもって提言ができ、中枢的指導力や統率力を発揮することができる。
③ 学際的・国際的視点から各専門領域での看護学の知識体系の発展に貢献できる。

6 アセスメントポリシー

  入学時 在学中 修了時
課程レベル
(研究科レベル)
入学試験
入試制度評価
・修得単位数
・学勢調査(カリキュラム評価・学修⾏動・DP到達度調査・学会発表数・論文投稿数)
・教員によるカリキュラム評価
・休学率、退学率、在学年限延長率
・学位論文進捗状況
・学位論文審査
・研究助成金の獲得状況
・在籍学生数(全体・領域)
・在籍年数
・⼊試制度別成績
・修了要件:修得単位数、研究指導を受け、学位論文提出、最終試験
・休学率、退学率、在学年限延長率
・就職率、進学率
・学勢調査(カリキュラム評価・学修⾏動・DP到達度調査・学会発表数・論文投稿数)
・修了時調査
・在籍年数
・⼊試制度別成績

・就職先調査
科目レベル ・成績評価
・授業評価(学⽣)
・成績評価