1. ホーム
  2. 教育
  3. 大学院看護学研究科
  4. 博士前期課程(修士)紹介

博士前期課程には、教育研究者を目指す教育研究コースと専門看護師を目指す高度実践コースの2コースを設置し、それぞれのコースを「療養生活支援看護学」と「地域家族支援看護学」の2つの領域で構成します。

教育研究コースでは、教育者に求められる実践的教育能力を有する人材を養成します。
高度実践コースでは、専門看護師(CNS)に求められる「卓越した実践能力」「教育能力」「コンサルテーション能力」「コーディネーション能力」「研究能力」「高邁な倫理観」の6つの能力を有する人材を養成します。

育成する人材像

知識基盤社会を支える高度な知的素養の涵養と、実践・教育・研究の分野で、国際的視野をもって社会に貢献できる専門職の輩出を目指します。
① 確かな教育能力と研究能力をもって教育研究活動ができる人材
② 高度な教育能力と実践能力をもって看護実践活動ができる人材
③ 指導性や統率力が発揮できる人材
④ 看護学教育及び看護実践の発展に寄与できる人材

教育目標

看護学研究者及び高度実践看護専門職の養成を目指します。
① 人間性豊かで国際的視野をもち、教育研究者として良質な看護学教育を行うに必要な高度な実践的教育能力を培う。
② 人間性豊かで国際的視野をもち、高度実践看護専門職として良質な看護を行うに必要な高度な看護実践能力を培う。
③ 討論力、課題解決能力、指導力を高め、学識・社会性のある知的素養の涵養を図る。

教育課程

博士前期課程には、教育研究者を目指す教育研究コースと専門看護師を目指す高度実践コースの2コースを設置し、
それぞれのコースを「療養生活支援看護学」と「地域家族支援看護学」の2つの領域で構成する。
 教育研究コースでは、教育者に求められる実践的教育能力を有する人材を養成する。
 高度実践コースでは、専門看護師(CNS)に求められる「卓越した実践能力」「教育能力」「コンサルテーション能力」
「コーディネーション能力」「研究能力」「高邁な倫理観」の6つの能力を有する人材を養成する。


詳細はこちら

詳細はこちら

 

カリキュラム表

教育研究コース

(注)※:選択科目  ※*:選択必修科目(隔):隔年開講

区分 科目(○数字は単位数) 配当年次 単位取得要件
共通科目 ※国際保健①
※医療科学①
1~2前(隔)
1~2前(隔)
以下の①~④を満たし34単位以上
①共通専門科目A「看護倫理」「看護教育学」「看護学研究方法論」「看護理論」の4科目8単位
②共通専門科目A「看護学教育課程論」または「看護管理学」のいずれか1科目2単位
③自領域専門科目から必修科目及び選択科目4科目8単位以上、全領域科目から3科目6単位以上
④「特別研究」1科目8単位
共通専門
科目A
看護倫理②
看護教育学②
看護学研究方法論②
※看護現任教育論②
看護理論②
※*看護教育課程論②
※*看護管理学②
※看護哲学②
1後
1前
1前
1~2前(隔)
1前
1後
1後
1後
共通専門
科目B
※フィジカルアセスメント論②
※臨床薬理学②
※病態生理学②
1前
1後
1前
療養生活支援看護学 療養生活支援看護学特論②
※看護技術開発学特論Ⅰ②
※看護技術開発学特論Ⅱ②
※看護技術開発学演習Ⅰ②
※看護技術開発学演習Ⅱ②
※移植・再生医療看護学特論Ⅰ②
※移植・再生医療看護学特論Ⅱ②
※移植・再生医療看護学演習②
※がん看護学特論Ⅰ②
※がん看護学特論Ⅱ②
※がん看護学援助論Ⅰ② 
※がん看護学援助論Ⅱ② 
※がん看護学演習Ⅰ②
※がん看護学演習Ⅱ② 
※慢性看護学特論Ⅰ②
※慢性看護学特論Ⅱ②
※慢性看護援助論Ⅰ②
※慢性看護援助論Ⅱ②
※慢性看護学演習Ⅰ②
※慢性看護学演習Ⅱ②
※精神看護学特論Ⅰ②
※精神看護学特論Ⅱ②
※精神看護アセスメント論②
※精神看護援助論Ⅰ②
※精神看護援助論Ⅱ②
※精神看護学演習Ⅰ②
※精神看護学演習Ⅱ②
※老年看護学特論Ⅰ②
※老年看護学特論Ⅱ②
※老年看護学演習②
1前
1前
1前
1通年
1後~2前
1前
1後
1後~2前
1前
1後
1前
1後
1前~1後
1後~2前
1前
1前
1前
1後
1後
2前
1前
1後
1前
1前
1後
1後
2前
1前
1後
2前
地域家族支援看護学 家族看護学特論②
※周産期看護論②
※*母性看護学特論②
※ウィメンズヘルス看護論②
※*周産期看護援助論Ⅰ②
※*周産期看護援助論Ⅱ②
※周産期看護演習Ⅰ②
※周産期看護演習Ⅱ②
※*小児看護学特論②
※小児と病気②
※発達障害看護論②
※*小児看護アセスメント論②
※*小児看護学演習②
※*地域看護学特論②
※*地域ケアシステム特論②
※地域母子保健論②
※*地域看護学演習②
※在宅看護学特論Ⅰ②
※在宅看護学特論Ⅱ②
※在宅看護学演習②
1前
1前
1前
1前
1前
1後
1後~2前
1後~2前
1前
1後
1~2前(隔)
1後
1後~2前
1前
1後
1~2前(隔)
1後~2前
1前
1後
1後~2前
特別研究 特別研究⑧ 1~2通年

高度実践コース

(注)※:選択科目  ※*:選択必修科目(隔):隔年開講

区分 科目(○数字は単位数) 配当年次 単位取得要件
共通科目 ※国際保健①
※医療科学①
1~2前(隔)
1~2前(隔)

以下の①~④の全て、⑤~⑧のいずれか、及び⑨を満たし42単位以上
①共通専門科目A「看護倫理」「看護学研究方法論」「看護理論」の3科目6単位
②共通専門科目A「看護現任教育論」または「看護管理学」のいずれか1科目2単位
③共通専門科目B「フィジカルアセスメント論」「臨床薬理学」「病態生理学」の3科目6単位
④①~③を含む14単位以上
⑤療養生活支援看護学領域選択者のうち慢性看護専門看護師を希望する者は、「慢性看護学特論Ⅰ」「慢性看護学特論Ⅱ」「慢性看護アセスメント論」「慢性看護援助論Ⅰ」「慢性看護援助論Ⅱ」「慢性看護学演習Ⅰ」「慢性看護学演習Ⅱ」「慢性看護学実習Ⅰ」「慢性看護学実習Ⅱ」「慢性看護学実習Ⅲ」の10科目24単位
⑥療養生活支援看護学領域選択者のうち精神看護専門看護師を希望する者は、「精神看護学特論Ⅰ」「精神看護学特論Ⅱ」「精神看護アセスメント論」「精神看護援助論Ⅰ」「精神看護援助論Ⅱ」「精神看護学演習Ⅰ」「精神看護学演習Ⅱ」「精神看護学実習Ⅰ」「精神看護学実習Ⅱ」「精神看護学実習Ⅲ」の10科目24単位
⑦療養生活支援看護学領域選択者のうちがん看護専門看護師を希望する者は、「がん看護学特論Ⅰ」「がん看護学特論Ⅱ」「がん病態治療論」「がん看護学援助論Ⅰ」「がん看護学援助論Ⅱ」「がん看護学演習Ⅰ」「がん看護学演習Ⅱ」「がん看護学実習Ⅰ」「がん看護学実習Ⅱ」「がん看護学実習Ⅲ」「がん看護学実習Ⅳ」の11科目24単位
⑧地域家族支援看護学領域選択者のうち母性看護専門看護師を希望する者は、「家族看護学特論」「周産期看護論」「母性看護学特論」「ウィメンズヘルス看護論」「周産期看護援助論Ⅰ」「周産期看護援助論Ⅱ」「周産期看護演習Ⅰ」「周産期看護演習Ⅱ」「周産期看護実習Ⅰ」「周産期看護実習Ⅱ」「周産期看護実習Ⅲ」の11科目26単位
⑨地域家族支援看護学領域選択者のうち小児看護専門看護師を希望する者は、「家族看護学特論」「小児看護学特論」「小児と病気」「周産期看護論」「発達障害看護論」「小児看護アセスメント論」「地域母子保健論」「小児看護学演習」「小児看護学実習Ⅰ」「小児看護学実習Ⅱ」「小児看護学実習Ⅲ」の11科目26単位
⑩「課題研究」1科目4単位
共通専門
科目A
看護倫理②
看護教育学②
看護学研究方法論②
※看護現任教育論②
看護理論②
※*看護教育課程論②
※*看護管理学②
※看護哲学②
1後
1前
1前
1~2前(隔)
1前
1後
1後
1後
共通専門
科目B
※フィジカルアセスメント論②
※臨床薬理学②
※病態生理学②
1前
1後
1前
療養生活支援看護学 慢性看護学特論Ⅰ②
慢性看護学特論Ⅱ②
慢性看護アセスメント論②
慢性看護援助論Ⅰ②
慢性看護援助論Ⅱ②
慢性看護学演習Ⅰ②
慢性看護学演習Ⅱ②
慢性看護学実習Ⅰ②
慢性看護学実習Ⅱ④
慢性看護学実習Ⅲ④
1前
1前
1後
1前
1後
1後
2前
1後
2通年
2通年
精神看護学特論Ⅰ②
精神看護学特論Ⅱ②
精神看護アセスメント論②
精神看護援助論Ⅰ②
精神看護援助論Ⅱ②
精神看護学演習Ⅰ②
精神看護学演習Ⅱ②
精神看護学実習Ⅰ②
精神看護学実習Ⅱ⑥
精神看護学実習Ⅲ②
1前
1後
1前
1前
1後
1後
2前
1後
2前
2通年
がん病態治癒論②
がん看護学特論Ⅰ②
がん看護学特論Ⅱ②
がん看護学援助論Ⅰ②
がん看護学援助論Ⅱ②
がん看護学演習Ⅰ②
がん看護学演習Ⅱ②
がん看護学実習Ⅰ②
がん看護学実習Ⅱ②
がん看護学実習Ⅲ③
がん看護学実習Ⅳ③
1後
1前
1後
1前
1後
1前~1後
1後~2前
1後
1後
2通年
2通年
地域家族支援看護学 家族看護学特論②
周産期看護論②
母性看護学特論②
ウィメンズヘルス看護論②
周産期看護援助論Ⅰ②
周産期看護援助論Ⅱ②
周産期看護演習Ⅰ②
周産期看護演習Ⅱ②
周産期看護実習Ⅰ②
周産期看護実習Ⅱ④
周産期看護実習Ⅲ④
小児看護学特論②
小児と病気②
発達障害看護論②
小児看護アセスメント論②
小児看護学演習②
小児看護学実習Ⅰ②
小児看護学実習Ⅱ⑥
小児看護学実習Ⅲ②
地域母子保健論②
1前
1前
1前
1前
1前
1後
1後~2前
1後~2前
1後
2前
2通年
1前
1後
1~2(隔)
1後
1後~2前
1後~2前
1後~2前
2通年
1~2(隔)
特別研究 課題研究④ 1後~2後

長期履修制度

(1)趣旨

職業を有している等の事情により、標準修業年限(博士前期課程2年)での教育課程の履修が困難な学生を対象として、標準修業年限を超えて計画的に履修し、教育課程を修了することにより、学位を取得することができる制度です。

(2)出願の認定

 長期履修を出願することができる者は、入学試験に合格した者のうち次のいずれかに該当する者とします。
 ① 職業を有する者(正規職員以外も含み、主としてその収入で生計を立てている者)
 ② 育児、介護等により、介護等により、標準修業年限で修了することが困難な者
 ③ その他やむを得ない事情を有し、標準修業年限で修了することが困難な者

(3)修業年限

 長期履修の修業年限は、博士前期課程は3年とします。

(4)申請時期・提出書類

 入試出願書類と併せて、長期履修申請書を提出してください。

(5)許可

 長期履修許可は、合否通知と併せて行います。  許可された者は、入学後、指導教授のもとで長期履修制度に基づき履修します。

(6)学費

 長期履修許可者の学費は、標準修業年限(博士前期課程2年)分の額のみとなります。