1. ホーム
  2. 教育
  3. 大学院看護学研究科
  4. 在学生・修了生の声

看護学研究科修了生の声

産業保健師として必要な、エビデンスに基づく情報の取得と読み 解く力の学び直しを目的に入学しました。長期履修制度を活用して働きながら学ぶことで、常に組織の課題を意識し続けることができました。他領域の院生や先生方とのディスカッションでは自分と違う視点から考えることで視野を広げることができ、また、これまでの自分の経験による偏った思考過程を一旦崩して再構築するという、苦しくも自分と向き合う機会も得られた事は財産です。
博士前期課程 教育研究コース
地域家族支援看護学領域 地域看護学分野
仲 文子


私は、助産師や教員などの経験を経て、教育や研究の力を身に付けたいと思い、進学しました。大学院では、学び、考え、探求する楽しさを実感しました。さらに、さまざまな分野で活躍されている多くの方々に出会い、視野が広がり、素敵な仲間ができたと思います。また、研究についても複数の先生方から手厚くご指導いただき、研究の過程を学ぶことができました。社会に貢献でき るよう、今後も学び続けたいと思っています。
博士前期課程 教育研究コース
地域家族支援看護学領域 母性看護学分野
近澤 幸


臨床現場で小児看護に携わってきた私は、さらに小児看護を学びたいと考え進学しました。大学院では、小児看護の本質、複雑困難事例に太刀打ちできるためのスキルなど多くのことを授業や実習を通して学びました。しかし、それだけではなく自ら学びを深めることの面白さや仲間とディスカッションすることの楽しさを教えて頂きました。臨床の現場に戻ってからの看護実践では、大学院での学びを活かしこれまで以上に小児看護の楽しさ、難しさ、奥深さを感じながら子どもや家族と向き合っています。
博士前期課程 高度実践コース
地域家族支援看護学領域 小児看護学分野
赤松 志麻


臨床看護学の実践的研究課題に取り組むことを目的として博士後期課程に入学しました。仕事をしながらコースワーク、研究計画、遂行、論文化とそのプロセスを踏み修了することができました。本大学では、主指導教員と副指導教員2名の合計3名の専門家に指導を受けることができます。また、研究計画発表や中間発表、最終の成果発表など折々にdutyがあるためその時間的計画の設定が明確なことが修了に導かれるプロセスとなっていたと改めて実感します。 
博士後期課程
療養生活支援看護学領域 移植・再生医療看護学分野
寺口 佐與子


本学の魅力は、まず、学位論文を作成していく上で、複数の教員から指導が受けられる点です。様々な視点を持つ先生方の建設的な指導により、「自分は何を明らかにしたいのか」「それはなぜか」という問いと向き合いながら進むことがで きました。次に、カリキュラムが充実してる点が挙げられます。他領域の学生とのディスカッションを通して、研究能力のみならず、教育能力を養うことができました。今後は、ここでの学びを基盤に、看護実践の質の向上に貢献できるよう、教育、研究に取り組みたいと考えています。 
博士後期課程
療養生活支援看護学領域 がん看護学分野
南口 陽子