1. ホーム
  2. 教育
  3. 国際交流

異文化から学ぶ経験を。

大阪医科大学では、1998年に設立された「中山国際医学医療交流センター」が推進する様々な国際交流の機会があります。世界中の協定校と相互に学生の交換留学を実施。年間30名程度の派遣・受入れを行っています。

留学は第3学年から第6学年の学生を中心に、トップレベルの大学に派遣。海外の医学生の英語力、知識の豊富さ、知識を統合する力などに刺激を受けることで、学業に取り組む姿勢が大きく変わるはずです。

協定校一覧

台湾大学医学部との単位互換

国立台湾大学と単位互換についての協定を締結致しました。2020年4月より台湾大学医学部5,6年生開講科目と本学医学部6年生「選択臨床実習2A(2w)、選択臨床実習2B(2w)、選択臨床実習2C(4w) (仮)」で単位互換を行います。この新たな締結を基に、アジアをけん引する次世代医療者育成について、教育・研究分野での連携をさらに強固なものにします。

ミネソタ州立大学マンケート校との交流

ミネソタ州立大学マンケート校と交流協定を締結しました。隔年で相互に学生を派遣し、主に看護学部での交流を行います。2019年8月に第一期生として、本学の学生がマンケート校にて研修を行います。
この交流を礎として、単位認定等、交流の質を深めていきます。

国内での国際交流

留学生との交流を通じて、異文化に触れる機会も多くあります。「国際交流部」や「ESS部」を中心に学生が留学生との交流を企画。学内だけではなく学外でも一緒に過ごす機会があり、海外の医学生の英語力、知識の豊富さ、モチベーションの高さなどに多くの学生が刺激を受けています。

国際シンポジウム、国際化推進にむけた講演会

国際化のさらなる推進にむけて、本学教職員の国際化への共通理解を図るため、国際シンポジウムと講演会を開催しています。

国際シンポジウム、講演会