大阪医科大学  平 成29年度「私立大学研究   
   ブランディング事業」に採択


                  
平 成29年度「私立大学研究ブランディング事業」に採択
文部科学省 平成29年度 私立大学研究ブランディング事業(タイプA 社会展開型)に、本学の「オミックス医療に向けた口腔内細菌叢研究とライフコース疫学研究融合による少子高齢中核市活性化モデル創出」が採択されました。
本学に「口腔内細菌叢研究の総合的推進」事業を起ち上げ、地域住民を対象とするコホート研究と融合し、市民の健康寿命延 伸に寄与するエビデンスの提供、健康増進施策への提言及び研究成果の事業化など、研究成果を還元し、少子高齢中核市を活性化する「高槻モデル」を創出しま す。将来、この「高槻モデル」を他の地域へ展開し、「次世代オミックス医療研究拠点」を有する世界有数の医療系私立大学となることを目指します。
私立大学研究ブランディング事業は、学長のリーダーシップの下、大学の特色ある研究を基軸として、全学的な独自色を大き く打ち出す取り組みを行う私立大学に対し、経常費や設備費、施設費を一体的に支援するものです。タイプAとタイプBがあり、地域の経済・社会、雇用、文化 の発展や特定の分野の発展・深化に寄与する研究が、タイプAの支援対象となります。
今年度は188校から申請があり、タイプAに33校、タイプBに27校が選定されました。
大阪医科大学 学長 大槻勝紀 
 平成29年度私立大学研究ブランディング事業の選定結果について/文部科学省




[大阪医科大学のトップページへ戻る]