1. ホーム
  2. 研究
  3. 研究拠点育成

「大阪医科大学の代表的な研究テーマとは?」と聞かれたらどう答えたらいいのでしょうか。これまで本学医学部の総合教育、基礎系あるいは臨床系研究者や看護学部研究者は個々の研究では科研費やAMEDなど公的研究費を獲得し素晴らしい研究業績を納めています。しかし学内では教室間の壁が厚く、横断的な研究はなかなか行われ難い状況にありました。文科省の私立大学等改革総合支援事業タイプ1(教育の質的転換)において「学長裁量経費が認められているか」といった項目があり、法人が承認しました。毎年、全教員に横断的な研究テーマを公募し、審査を経て、2016年度は8つの研究拠点を、2017年度は4つの研究拠点に絞り込んで研究費を配分しています。これまでにない独創的でかつ全学を挙げての横断的な研究拠点を育成していきたいと考えています。

平成29年度研究拠点育成奨励助成金 採択プロジェクト

1. 「再生医療実用化のための創薬及び臓器再建を目指した包括的研究」
朝日 通雄(薬理学・教授)
植野 高章(口腔外科学・教授)
近藤 洋一(解剖学・教授)
伊井 正明(研究支援センター・講師)


2.「がん研究におけるバイオバンク基盤型OMC-TR(Translational Research)センターの構築」
小村 和正(泌尿器科学・助教)
谷口 高平(救急医学/一般・消化器外科学・助教)





3.「悪性腫瘍に対する新規放射線治療法の開発拠点形成」
宮武 伸一(がんセンター・特別職務担当教員教授)
吉田 謙(放射線医学・診療准教授)



4.「シミュレーション環境を活用した多職種連携教育システムの構築~医看融合教育を中心に~」
駒澤 伸泰(麻酔科学・助教)
赤澤 千春(看護学部・教授)
土手友太郎(看護学部・教授)
竹  明美(看護学部・講師)
土肥 美子(看護学部・講師)
大橋 尚弘(看護学部・助教)

平成28年度研究拠点育成奨励助成金 採択プロジェクト

1. 「BNCT の基礎的研究および原子炉と加速器BNCT の実際を学生に体験させる学生教育の実践」
宮武 伸一(がんセンター・特別職務担当教員教授)





2. 「バイオバンク基盤型OMCトランスレーショナルリサーチセンターの構築」
谷口 高平(救急医学/一般・消化器外科学・助教)
小村 和正(泌尿器科学・助教)



3. 「体性幹細胞を用いた難治性疾患治療法の開発」
伊井 正明(研究支援センター動物実験部門・講師)




4. 「ips細胞を用いた病態解明の基礎研究と創薬スクリーニングによる難治性疾患の新規治療法の開発」
朝日 通雄(薬理学・教授)





5. 「高精度組織内照射の適応拡大および技術開発を目的とした日独多施設研究」
吉田 謙(放射線医学・講師)




6. 「神経難病・希少疾患の病態解明とiPS細胞を用いた再生医学研究」
近藤 洋一(解剖学・教授)




7. 「硬組織再生医療開発・実用化の拠点形成— 世界初の未来型生体活性チタン人工骨開発を目指して —」
植野 高章(口腔外科学・教授)





8. 「携帯型脳活動計測装置を用いたICTベースの新規的な認知リハネットワークの確立」
久保田 正和(看護学部・准教授)