1. ホーム
  2. 研究
  3. 研究拠点育成
大阪医科大学は、教室・領域間の壁を越えて横断的な研究を促進するため、「研究拠点育成奨励助成金」を2016年度に立ち上げました。
 
この制度は、「本学の特徴的な研究」に光を当て、産学連携による実用化の夢をもつ研究や、独創性とポテンシャルを兼ね備えたテーマを評価し、選定を行っています。この助成プログラムを起点として、『研究ブランディング事業』の展開や、AMED等の外部資金を得ての研究発展へとつなげることをねらいとしています。また、並行して、若手研究者を対象とした奨励プログラムを行っています。
 
これまで本学医学部の基礎系、臨床系、及び看護学部の個々の研究者は、公的研究資金(科研費やAMED等)を獲得し、素晴らしい研究業績を収めています。しかし、学内の各々の教室、基礎と臨床との教室間の連携など横断的な研究がなかなか行われ難い状況にありました。

学長のリーダーシップのもと学内助成金制度を設立し、毎年、全教員に横断的な研究テーマを公募し、公開プレゼンテーション及び審査を経て、2016年度は8つの研究拠点を、2017年度は4つの研究拠点に絞り込んで学長裁量経費から研究費を配分しています。今後は更にこれまでにない独創的でかつ全学を挙げての横断的な研究拠点を育成していきたいと考えています。

2019 (令和1) 年度研究拠点育成奨励助成金 採択プロジェクト

所属 職名 申請者氏名 研究課題名 共同研究者(学内のみ記載)
医学教育センター 講師(准) 駒澤 伸泰 「シミュレーションを活用した多職種連携教育支援体制の構築
~医看薬融合教育のユビキタスな普及を目指して~」
赤澤 千春 (看護学部/教授)
土手友太郎 (看護学部/教授)
竹  明美 (看護学部/講師)
土肥 美子 (看護学部/准教授)
大橋 尚弘 (看護学部/助教)
産婦人科教室 講師(准) 田中 智人 バイオバンク試料を利用した臨床腫瘍移植モデルによる細胞外小胞の大規模解析  
生理学教室 助教 山下 愛美 人工受容体による重症筋無力症新規治療法に向けた基礎研究  
薬理学教室 教授 朝日 通雄 ヒトiPS 細胞を用いたアンメットニーズの高い疾患の病態解明と新規治療薬の開発  
一般・消化器外科学教室 大学院生 猪俣 陽介 難治性消化器・乳癌に対する医工薬集約型microRNA 創薬研究  
がん医療総合センター 特別職務担当教員(教授) 宮武 伸一 ホウ素中性子捕捉療法の研究拠点形成  
研究支援センター医療統計室 室長(准教授) 伊藤 ゆり 診断~治療後の生活習慣及び患者報告アウトカム(PRO)収集体制の構築:バイオバンク・院内がん登録・生活習慣アンケート融合型データベース