公的研究費の不正使用防止のためのコンプライアンス教育研修

  1. ホーム
  2. 研究
  3. 公的研究費の不正使用防止のためのコンプライアンス教育研修

公的研究費の不正使用防止のためのコンプライアンス教育研修

公的研究費の不正使用等の防止のため、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に基づき、本学に所属する公的研究費(*1)の運営・管理に関わる全ての構成員(*2)および科研費等の公的研究費への申請を予定している研究者は、公的研究費の不正使用防止のためのコンプライアンス教育研修を受講しなければなりません。
(受講および誓約書の提出を行わない方については、公的研究費の運営・管理に関わること、および科研費等の公的研究費への申請はできません。)
また、当該ガイドラインでは、どのような行為が不正に当たるのかをしっかりと理解するためにコンプライアンス教育研修を受講し、また、受講後には、不正を行わないことや機関のルール等を遵守することなどについて誓約することが義務付けられています。

(*1)公的研究費とは、国や地方公共団体又は独立行政法人などの公的機関等から配分される競争的資金を中心とした公募型の研究資金をいう。
(*2)公的研究費の運営・管理に関わる全ての構成員には、研究代表者・研究分担者だけでなく、大学院生・研究支援者・研究補助員等の研究協力者および事務職員を含みます。

受講有効期間

 受講有効期間は受講日より3 年後の年度末(3 月31 日)までとなります。
今年度末で有効期間が終了する方(最終の受講日が2017 年度の方)は、来年度4 月以降無効となりますので、今年度中に受講いただきますようお願いいたします。

DVD&e-learningによる受講方法

①研修会DVDの貸出しによる受講方法

 開始日  2020年8月17日(月)~
 受講手順

枚数に限りがございますので、事前連絡(研究推進課)のうえ、研究推進課にてお受け取りください。DVD とともに、本研修会資料及び誓約書(兼理解度確認シート)をお渡ししますので、受講後、誓約書(兼理解度確認シート)にご記入のうえ、研究推進課へご提出をお願いします。

 ※DVDは1週間以内にご返却ください。

 貸出しおよび誓約書 提出先  研究推進課(内線2815総合研究棟3F)

②e-learning(研修会DVD視聴)による受講方法

 開始日  2020年8月17日(月)~
 受講手順

 e-learnig

 ↑クリックするとログイン画面が表示されます。
e-learning受講手順書簡易版(PDF)をご参照いただき視聴をお願いします。本研修会資料及び誓約書(兼理解度確認シート)はe-learning上からダウンロードできますので、受講後、誓約書(兼理解度確認シート)にご記入のうえ、研究推進課へご提出をお願いします。(誓約書兼理解度確認シートは、できる限り両面印刷していただきますようお願いします。)
 留意事項

 ネットワーク状況により視聴できないこともございます。その場合は①のDVDの貸出しをご利用いただきますようお願いします。

 誓約書提出先  研究推進課(内線2815総合研究棟3F)

③研究推進課HP 映像コンテンツ【学内限定】による受講方法

 開始日  2020年11月16日(月)~
 受講手順

研究推進課HP 映像コンテンツ【学内限定】
↑上のページにて「2020年度公的研究費の不正使用防止のためのコンプライアンス教育研修会」クリックしてください。

資料は同ページの(PDF資料)をクリックしてダウンロードしてください。(映像配信)ボタンよりご視聴いただけます。
受講後、誓約書(兼理解度確認シート)を同ページの(誓約書(および理解度確認シート))をクリックしてダウンロードし、ご記入のうえ、研究推進課へご提出をお願いします。(誓約書兼理解度確認シートは、できる限り両面印刷していただきますようお願いします。)
 誓約書提出先  研究推進課(内線2815総合研究棟3F)

文部科学省による「公的研究費の適正な管理・監査について」

文部科学省 学校法人の運営等に関する協議会より「研究費の不正使用防止に向けた文部科学省の取組」「最近の研究機関における不正使用事例」「研究費不正使用をおこさせない環境づくり」「文部科学省におけるモニタリング」「公的研究費の管理・監査体制の整備等に関する相談窓口」「公的研究費の適正な管理・監査」「内部監査の重要性」についての通知がありました。競争的資金に従事する研究者及び職員にはコンプライアンス研修を通じて研修を受けていただいておりますが、再度確認をお願いします。

2020/1/28 公的研究費の適正な管理・監査について