大阪医科大学ロゴ 大阪医科大学image_header
トップページへ戻る
医局紹介 手術麻酔 ペインクリニック ICU 教育 研究業績 関連病院 麻酔科医募集
ペインクリニックコンテンツロゴ
大阪医科大学
TOPICS
サイトマップ
リンク一覧
お問い合わせ
ペインクリニックコンテンツのトップに戻る
外来受診を希望される方へ
治療法など
鍼灸部
東洋医学とペインクリニック研究会
診療する疾患一覧
ペインクリニックで治療を行う代表的な疾患をご紹介いたします。


1. 腰椎の疾患
腰下肢痛の原因となる腰椎の疾患には、腰部捻挫(いわゆるギックリ腰)、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離・すべり症などの様々な疾患がふくまれます。
ペインクリニックではトリガーポイント注射、硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間板加圧注入などの神経ブロック療を中心に治療を行っています。 保存的に治療をしても症状が良くならない場合は最終的に手術が必要となることもあります。。

2. 頚椎の疾患
頚椎椎間板ヘルニアや変形性頚椎症などの頚椎の疾患により、頚肩部痛、背部痛、上肢痛、上肢のしびれといった症状が引き起こされます。
トリガーポイント注射、星状神経節ブロック、硬膜外ブロック、神経根ブロック、腕神経叢ブロックなどの神経ブロック療法を中心とした治療を行っています。 腰椎の疾患と同様に、保存的に治療をしても症状が良くならない場合は最終的に手術が必要となることもあります。

3. 三叉神経痛
三叉神経痛の痛みは三叉神経の支配領域に発作性に生じる激しい電撃痛です。この痛みは人が体験する中で最も強い痛みの一つと言われています。
痛みは食事、会話、洗顔、歯磨きなどで誘発され、数秒続いた後消失します。また軽く触れると激痛を誘発するトリガーポイントが認められます。三叉神経痛の原因は、頭蓋内小脳橋角部における三叉神経の入口部で三叉神経が血管により圧迫されるためと考えられています。
三叉神経痛にはテグレトールという抗痙攣薬が有効で、まずこの薬により痛みの治療を行います。これに加えペインクリニックでは三叉神経ブロックを行います。 他にも神経血管減圧術という手術療法や、ガンマナイフという放射線を用いた治療があります。

4. 帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛
帯状疱疹は皮膚に発疹ができる病気で、その部分に強い痛みを伴います。
この病気の病原体は、子供の頃にかかる水ぼうそうのウイルスと同じものです。ほとんどの人は子供の時に水ぼうそうにかかりますが、このウイルスは水ぼうそうが治った後も神経節と呼ばれる神経の塊の中に潜んでいます。
疲れがたまった時など免疫力が低下した時にウイルスが目覚めて神経を伝わって広がるのです。体の片側どちらかに発症し、好発部位は胸部ですが、その他腹部、上肢、下肢、顔面にも出現します。顔面の三叉神経の帯状疱疹では眼合併症や稀に髄膜炎を引き起こす危険があり、顔面神経の帯状疱疹では顔面神経麻痺を生じることがあります。
症状は最初皮膚に赤いブツブツが出た後、2〜3日してから水ぶくれとなり痛みはひどくなります。水ぶくれはやがて濁って黄色くなり、その後かさぶたになります。
1ヶ月ぐらいで、かさぶたはとれて治りますし、若い人はこの頃にはほとんど痛みはなくなりますが、年齢が高くなるほど痛みが残りやすくなります。痛みが残ってしまった場合、帯状疱疹後神経痛と呼ばれ、人によっては一生痛みが続くこともあります。
帯状疱疹後神経痛にならないためには、痛みの治療をキチンと行うことが大切です。通常、帯状疱疹になった場合、抗ウイルス薬の内服または点滴を行い、また鎮痛剤が処方されます。また細菌感染を起こさぬよう皮膚を清潔に保ち、ぬり薬を使用します。
しかしこのような治療を受けても残る強い痛みに対しては、ペインクリニックで行われている神経ブロック療法が有効です。体幹、上下肢の帯状疱疹であれば硬膜外ブロックが、顔面の帯状疱疹であれば星状神経節ブロックが有効です。他にも点滴治療、種々の内服薬(鎮痛薬、抗うつ薬や抗けいれん薬など)、レーザー治療などを組み合わせて治療をします。当科では様々な治療に抵抗する難治性の帯状疱疹後神経痛に対して、くも膜下ステロイド注入を行っています。

5. 複合性局所疼痛症候群(反射性交感神経性ジストロフィー、カウザルギー)
骨折や捻挫などの外傷の後に、外傷の程度とは不釣合いな程強い痛みが出現、遷延し、徐々に拡がっていくことがあります。
疼痛部位には知覚神経異常や、軽く触れただけでも痛みを生じるアロディニアという症状がみられます。複合性局所疼痛症候群と言われる疾患で、従来は反射性交感神経性ジストロフィーやカウザルギーを呼ばれていました。何故そのようなことが起こるのか原因ははっきりと分かっておらず、確実な治療法もなく、ペインクリニックの分野でも難治性の疾患とされています。
急性期には痛みのある部位に浮腫、皮膚血流異常、発汗機能異常があり、症状が進行し、慢性期に移行すると、筋肉の萎縮、関節の拘縮、骨粗鬆症をきたします。治療の中心はリハビリテーションであり、ペインクリニックでは神経ブロック療法、薬物療法を併用します。

6. 顔面神経麻痺
ある日突然、顔の筋肉を動かす顔面神経の障害が起き、顔に表情が作ることが出来なくなります。顔面神経麻痺の中で、最も多いのはベル麻痺と呼ばれるもので、顔面神経管の中を通る顔面神経が水腫れになり顔面神経麻痺になると考えられています。また顔面神経に水ぼうそうのウイルスが感染し顔面神経麻痺になることがあり、ハント症候群と呼ばれ、この場合耳介や外耳道に水疱、痛みといった症状や、耳鳴り、眩暈、難聴などの内耳神経症状を伴います。
ペインクリニックでは星状神経節ブロックや薬物療法により治療を行います。

7. 顔面痙攣、眼瞼痙攣
顔面痙攣は顔面筋が痙攣する病気で、片側の上眼瞼または下眼瞼の痙攣から始まり、進行すると口の周りの筋肉など同側の他の顔面筋に広がります。原因は顔面神経が血管により圧迫されるためと考えられています。
また眼瞼痙攣は自分の意に反して眼の周囲の筋肉が痙攣する病気です。初期症状は眼瞼の刺激感、不快感、また眩しさを感じたり瞬きが多くなったりします。
症状は通常左右対称性に認められますが、時に左右差を生じます。病気の詳しい原因は不明であり、そのまま放置しても自然に治ることはありません。
当科では、顔面痙攣、眼瞼痙攣に対してボツリヌス毒素注射療法を行っています。痙攣している眼の周囲の筋肉や口の周りの筋肉に、痙攣を抑える作用を持つボツリヌス毒素を注射します。その効果は3〜4ヶ月持続し、効果がなくなれば再度注射を行います。
顔面痙攣に対する手術療法としては神経血管減圧術があります。これは血管による顔面神経への圧迫を取り除くものであり脳神経外科で行われています。根治療法ですが、手術や全身麻酔に伴う合併症の問題があります。


最後に
我々の麻酔科外来では積極的に痛みに対する治療を行っています。何かご相談などがありましたら、一度我々にご相談下さい。

医局紹介手術麻酔ペインクリニックICU教育研究業績関連病院麻酔科医募集TOPICSリンク一覧サイトマップお問い合わせ
 
著作権表示・当サイトおける全ての画像・テキストは無断転載禁止となっております